意外に知られていないプライバシー権の侵害の問題

プライバシーの意味って?

そもそも、プライバシー権というのは、憲法13条後段の幸福追求権を根拠として認められている権利です。すなわち、憲法上の人権として認められている重要なものです。このプライバシー権の内容とは、よく知られているものとしては、自らの私生活の事情をむやみに公開されないというものがあります。これは名誉権の場合とは異なります。名誉権の場合、人が知っているか否かにかかわらず、対象者の社会的名誉を害する事実を公然と指摘すれば、名誉権侵害となります。しかし、プライバシーの場合は、秘密であることが重要となります。

プライバシーが問題となる場合

このようなプライバシーの問題としては、良くあるのが一般人の私的な私情を雑誌などで公開することです。このような場合には、かなり高い可能性でプライバシー権の侵害が認められます。しかし、政治家の場合にはこれとは異なりプライバシー権侵害は認められずらいです。よくテレビなどで政治家の不倫や豪遊ぶりなどが報道されていますが、一見私的な事情を公開しているため、プライバシー権侵害になりそうですが、政治家は、公的な存在のため、その人が公益を実現するにふさわしいか判断する資料が必要になるため、このような報道も許される傾向にあります。

意外に知られていないプライバシーの問題

このようなものがプライバシーの問題としてよく耳にするものですが、プライバシー権の侵害はこれだけではありません。プライバシー権の内容には、自己情報コントロール権という内容もあります。例えば、大学の講演会やシンポジウムに出席する際に、氏名、住所、連絡先などの情報の提供を強制された場合、これは自己情報コントロール権の侵害になりえます。そのため、このような場合もプライバシー権侵害の問題は起こりえます。自分が知らないうちに権利侵害をされている可能性もあるため注意が必要です。

不要になった他人に見られてはいけない重要書類や機密書類、または個人情報が記載されている書類等をシュレッダーというものに通すと、あっという間に書類が粉砕され処理してくれる優れものです。