注意して使えば長持ち!LEDの寿命を伸ばすコツ

強い衝撃や振動はLEDの寿命が短くなる原因

LEDは理想的な環境であれば長い寿命を発揮してくれます。しかし設置場所や使い方が悪いと故障の原因になりかねません。LEDの寿命を伸ばすには、衝撃や振動の少ない場所で使用するのが適切です。LED素子自体は、強い衝撃や振動に高い耐久性を持ちます。ただしLEDを発光させるための電子回路が内部には組み込まれています。強い衝撃や振動が加わると周辺回路の故障を引き起こすことから、LEDの寿命が想定されているよりも短くなる可能性があります。

熱の影響で寿命が短くなるLED

LEDにとって寿命が短くなる大きな要因の一つが高い熱です。LED素子は半導体の一種で、使われている素材は熱により性質が変わる特徴があります。そのため高い熱に長時間晒され続けると、LED素子を構成する素材が変質し本来の機能を果たさなくなります。そのためLEDに高い熱が加わらないような配慮を行わなければならないのです。しかしLEDを照明として使用している場合、インテリアでLED周辺を囲んでいる場合が多いです。できれば通気に配慮した照明用インテリアを使う方が長持ちするでしょう。

安定した電力供給で長持ちするLED

LED素子を発光させるためには、設計上定められた電圧と電流を加える必要があります。もし規定以上やそれを下回るの電流や電圧を加えた場合には、LEDは寿命が短くなったり故障を引き起こしてしまいます。LED照明器具には内部に、一定の電流や電圧を保つための電子回路が内蔵されている場合が多いです。しかしながらLEDに供給する電力が不安定であると、周辺回路の安定化の対応が追いつきません。LEDを長持ちさせるのであれば、安定した電力の供給を心掛けなければなりませんね。

ledパネルの場合、従来の光源と比べて消費電力が大幅に少ないという特徴があり、省エネ性に大変優れています。